« April 26, 2006 | Main | May 1, 2006 »

2006.04.27

NO.138 中小企業の会社法(2)


新任監査役:今日は中小企業のオーナー経営者の跡継ぎ問題ですね。

先輩監査役:この間、中小企業のオナーさんの会に呼ばれたが、質問はこのことが多かったね。

新任監査役:そうですか。私も相続で困るのは、親が会社を残すことだと聞いたことがありますね。

先輩監査役:相続のルールと会社の株式を持っている数が同じでないケースがありますからね。

新任監査役:今までは株式会社の種類が限られていたが、事業承継がしやすくなるメニューも設定されたのですね。

先輩監査役:話が変わるが、孫が小学校に入学したのだが、その文房具を見ていると昔と大違い。何もかも漫画や動画のキャラクターが一杯書かれている。それにクレパスの色数が16色。

新任監査役:私の場合はクレパスでなくクレヨンで10色程度でしたね。

先輩監査役:昔の子どもの絵は、原色ばかり?今は中間色を使っている絵も多くなった。

新任監査役:16色は可能性を引き出してくれる。中小企業のオナーさんも普通株と権利内容の異なる種類株をうまく活用するなど知恵を出せますね。■

 

| Comments (0)

« April 26, 2006 | Main | May 1, 2006 »