« May 17, 2006 | Main | May 27, 2006 »

2006.05.18

NO.144 株主総会(1)


監査役B:昨日、お電話したら、株主総会に出かけられたとか?関係会社の株主総会ですか?

監査役A:いやー、当社のグループは3月決算ですから6月の株主総会ですよ。実はね、その年の株主総会の傾向を探る意味もあって、2月決算の会社の株を購入して、出かけているのですよ。

監査役B:いつもながらご熱心ですね。

監査役A:やはり、社外の監査役さんにご迷惑をかけたくないという気持ちもありますのでね。

監査役B:いかがでしたか?

監査役A:各社とも個人株主が増えたようですね。その対応に差があります。個人株主様歓迎ムードでの総会運営の会社もあるが、それを卒業してつぎのステップに進んでいる会社もありましたね。

監査役B:株主総会はIRの場だと言われた時もありましたが、何となくこれでよいのか?と疑問に思っていたのですが・・・、そうですか、それを超えた企業が出てきましたか。

監査役A:ソフトな運営の中にも基本は厳守して行っていましたね。

監査役B:ここでは何でしょうから、又、具体的にお教え下さい。

監査役A:三社終われば、ご報告しますよ。■

| Comments (0)

« May 17, 2006 | Main | May 27, 2006 »