« December 29, 2006 | Main | January 11, 2007 »

2007.01.09

NO.189 内部統制地獄


新任監査役:あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

先輩監査役:こんな長い正月休みは初めてでしょう?
ところで今日のタイトルの「内部統制地獄」は見ましたか?

新任監査役:いいえ? かなりよく見ているのですが・・。ありましたか?

先輩監査役:日経の記事ではなく、広告ですよ。広告にも目配せが必要ですよ。

「日本版SOX法が会社を襲う 」・・・さすが週刊誌だね。「内部統制地獄」というメインタイトルもすごいね。

「内部統制の構築には会計やITなどの専門知識が必要だ。しかし、経験豊富で専門知識を持つ外部コンサルタントは少ない。」・・・と言うことであれば、巨大企業以外は本格的な内容になるのは数年先だろうね。

新任監査役:アメリカでも最初は、巨大企業だけですね。

先輩監査役:アメリカの状況についてもありますよ。
「【Part 4】 成立後わずか4年で実質緩和へ 米企業改革法の誤算と行方」
「Interview 米証券取引委員会(SEC)元委員長●ハーヴェイ・ピット」
日本では「Column 2ケタ億円は当たり前の内部統制 非上場化を選ぶ企業も出る?」と。

新任監査役:それにしてもコンサルタント並みと言わなくともかなりの専門知識がいるようですね。

先輩監査役:それで次の内容が用意されている。
「【Part 1】 知らないではすまされない 早わかり「内部統制入門」」
「[Lesson 1] なぜ今、内部統制か/[Lesson 2] そもそも内部統制って何」
「Chart 難解な説明もこれでスッキリ 内部統制大図解」

新任監査役:これでスッキリできるなら1万円も払ったセミナーは何だったのでしょう?

先輩監査役:更に「内部統制導入で翻弄される 手つかず企業3000社の命運」「内部統制が義務づけられる2008年4月に始まる決算期に向け、プロジェクトをスタートさせるには今しかない。」とハッパが掛かりますね。

新任監査役:どうすればよいのでしょうか?

先輩監査役:そのことについてもチャンと記事が準備してありますよ。
「【Part 2】 構築出遅れ組はここを見よ! 経営者・企業が陥る地獄と出口
Step 1 基本計画・方針の決定
Chart 内部統制導入の筋道と待ち受けるハードル
Step 2 全社的な内部統制の評価
Step 3 業務プロセスの内部統制の評価
Column 非上場企業も例外でない ある日、突然評価範囲に
Column 経営者がなによりも恐れる「重要な欠陥」の判断方法
Step 4 内部統制の監査
Step 5 内部統制の運用
【Part 3】 今からでも遅くない! 内部統制の“駆け込み寺”一覧

先輩監査役:私が一番読みたいのはこの記事ですね。
「[Lesson 3] キーマンに聞く 青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科教授●八田進二」

新任監査役:まあ、買ってきて読むしかありませんね。

先輩監査役:売り切れかも知れませんよ。納豆のように。

新任監査役:納豆が売り切れって、何ですか?

先輩監査役:ダイエット法で一日2パックをある方法で食べると痩せるという番組があり、昨日はスーパーの売場が空っぽになっていたとのことですよ。

新任監査役:今日の目次は、インターネットでは、どこにありますか?

先輩監査役:何から何まで・・・。お年玉ですよ。
http://dw.diamond.ne.jp/number/070113/index.html ■

この「監査役への応援歌」をメールマガジンで自動送付をご希望の方は次から
お申し込み下さい。 http://www.mag2.com/m/0000126609.html (無料です)

- 監査役は監査を通じて、会社と社会に貢献できる -

| Comments (0)

« December 29, 2006 | Main | January 11, 2007 »