« February 3, 2007 | Main | February 21, 2007 »

2007.02.16

NO.194 内部統制ルールのガイドライン


監査役A:やっと、指針が出ましたね。それに企業会計審議会の意見書も公表されましたので、それも読んでみたいですね。

監査役B:日経の「要旨」に目を通そうとしましたが、途中でギブアップしました。省略も多いので読みにくいですね。全文の法を読みますよ。

監査役A:公表は約一ヶ月遅れましたね。それほど指針を出すことが難しかったと言うことでしょう。
監査役B:記事にも、「指針には課題もある。」としていますね。それで「Q&A」も作るようですね。

監査役A:「Q&A」が出来てから・・・、と先送りしていてはダメですね。
やはり、具体的に動いてみないと理解できないことも多いですね。

監査役B:「具体的に準備作業に入った企業は全体の三割程度ではないか」ということですね。まだ、スタートを切っていないのですね。

監査役A:「どこまで、どの程度やればいいのか分からない」といった戸惑いがあると書いていましたが、どこから手を付ければ良いかが分からないのが実態だと思いますね。

監査役B:やはり、コンサルタントの力を借りることでしょうか。

監査役A:内容の分かりにくさもありますが、新しいことを全社的に推進するパワーは、外部の力を借りるのも良いと思います。

監査役B:やはり、その方が効率的かも知れませんね。■

この「監査役への応援歌」をメールマガジンで自動送付をご希望の方は次から
お申し込み下さい。 http://www.mag2.com/m/0000126609.html (無料です)

- 監査役は監査を通じて、会社と社会に貢献できる -

| Comments (0)

« February 3, 2007 | Main | February 21, 2007 »