« April 10, 2007 | Main | April 20, 2007 »

2007.04.11

200号に際して


昨日(2007/4/10)で「監査役への応援歌」が200号になりました。
Web「監査役への応援歌」への累計アクセス数が15.600を超え、一日のアクセス数は、平均57回。メルマガで読んで頂いている方が300人を超えました。最近の好評の内容は、№198「金取法の内部統制」で一日に470回のアクセスがありました。その次は、№173「社外監査役」でした。
ここまでこられましたのは、皆さまからの激励や情報のお陰です。ありがとうございました。心から御礼申し上げます。

 200号を機会のこのWebの趣旨を確認させて頂きます。

私の現役時代は、仕事一筋。国民や市民ばかりか夫や父親としての役割も果たさず偏に会社のためでした。定年後は、時間もあり、所属する組織からの強制もなく自由に行動できます。そのことを活かして何かをしようと考え、その結果、最後の仕事であった監査役に関連したことが、情報も少しありましたので、それが何らかのお役に立てればとこのWebを立ち上げました。
(今もパソコンばかりと女房に言われていますので、あまり変わりませんが)

私の監査役に対する思いは、ここでアップした情報の最後に「監査役は監査を通じて、会社と社会に貢献できる」と監査役に呼びかけていますが、「監査役制度を機能させることで各企業の発展に貢献でき、日本の社会も良くすることができる」であります。この信念の元、あるべき監査役制度をめざし、監査役にも本来の行動をとっていただきたいと監査役OBとして願っています。そのための応援歌が新任監査役に贈れればと考えています。

 私の情報提供のモットーは、「むずかしいことをやさしく やさしいことをふかく ひつようなことをはやく」であります。
「監査役への応援歌」の内容は日経新聞の記事をベースにしたものが多くなっています。その理由は、ホットであることと新聞記事の内容が必ずしも新任監査役のレベルでは書かれていないので、少し解説を加えながら監査役OBの体験からの情報や感想を織り込んで提供したいと考えたからであります。また、その日の記事をその朝にお送りしようとしています。それは「ひつようなことをはやく」のモットーに従ったもので、時間に囚われることのない今の生活は、早朝から新聞をチェックできますので、9時までのアップを目指しています。そのことから「読み逃しのチェックにもなる」との感想も戴いています。また、インプットのために出かけたセミナーの内容も翌日には提供しようと考えています。ホンネは、朝早く目が覚めることと物忘れがひどくなり覚えている間に書いてしまいたいだけです。

会話調にしていますのは、格調が低くなるとのご指摘もありますが、「むずかしいことをやさしく」に従い、易しい話し言葉を使った会話で提供しています。実は難しいことが書けないからです。

 昨日、ある熱心な読者から500号を目指せ!との檄を戴きました。趣味の海外旅行も行きながら継続できればと思っています。また、最近は、目的のために情報発信だけでよいのだろうかとの反省もしています。これ以外にも有効な行動をとる必要があるのではないかとチャレンジを考えています。
今後とも皆さんからのご質問、感想などよろしくお願いいたします。■

| Comments (0)

« April 10, 2007 | Main | April 20, 2007 »