« June 27, 2007 | Main | June 30, 2007 »

2007.06.29

NO.228 新時代の企業統治(16・・・)

新任監査役:「新時代の企業統治」(16)から内容が変わったのでしょうか?

先輩監査役:16は「企業価値」、17「資本利益率」、18「資本コスト」と何か別のテーマになったかのようですね。また、今後は私の手にも負えそうにありませんので、16の「企業価値」についてだけ読み方をお話しましょう。

新任監査役:先ず、なぜ、いきなり:「企業価値」なのかが分かりません。

先輩監査役:このゼミナールのはじめにあったような気もしますが、そもそも企業統治の目的は、企業価値の持続することです。もちろん経営管理体制も企業統治に基づいて、企業価値の持続的成長を目的として構築・運営されねばならないのですが。
その場合、問題になるのが「企業価値とは何か」ということです。
その答えは、利害関係者のそれぞれの立場によって異なる。そこで、このゼミナールでは、投資家にとっての企業価値をとりあげていく、という。
 そして、上場企業の場合、企業価値は市場で評価される、と。だから、経営トップは、投資家との溝を埋めるために積極的なIR活動を実施する・・・・。
こんなことでしょうか。次回は私の手に負えそうな内容になれば、また登場します。

新任監査役:企業統治の目的が企業価値の持続することで、その企業価値をどう捉えるか、上場企業の場合は、企業価値は市場で評価される、ということが分かりました。■
  
◆ 日本版SOX法スッキリ講座は、大阪7/6,東京7/13です◆

この「監査役への応援歌」をメールマガジンで自動送付をご希望の方は次からお申し込み下さい。 http://www.mag2.com/m/0000126609.html 

- 監査役は監査を通じて、会社と社会に貢献できる -

| Comments (0)

« June 27, 2007 | Main | June 30, 2007 »