« September 27, 2007 | Main | October 8, 2007 »

2007.10.01

NO.253 会社法の読み方(1)


先輩監査役:もう、事業所の巡回も終えられ一段落されたことでしょう。

新任監査役:そうですね。監査役としての体験は一通りしましたね。
期末決裁と監査報告書の作成はまだですが・・・。

先輩監査役:それなら道半ばですね。10月になり過ごしやすい季節になったので、もう一度、基本から勉強し直しましょう。

新任監査役:お願いいたします。

先輩監査役:まず、監査役は適法性監査を行う立場にあるので、自己の職責等については監査役に関する本だけでなく、法的根拠を法令にまでたどって確認しておくべきですね。
その法的根拠は「会社法」や「会社法施行規則」にあるのだが、会社法をいきなり開いてみても読みにくく、正しく理解できないことが多いですね。

新任監査役:確かに会社法を買ってきましたが、ツンドクです。

先輩監査役:それは会社法の成り立ちや構造を知って知らないからでしょうね。そこでまず、会社法のねらいと構造について勉強すればいいでしょう。■

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日の「監査役情報」に掲載しているのは、1.お勧めの基本図書
2.会社法の見直しのねらい 3 ねらいの達成方法 4 会社法の構造 
5 廃止された法律 6 関係する法務省令 という内容です。
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「監査役情報」について

「監査役情報」の配信は「まぐまぐプレミアム」というシステムを利用して
お届けします。詳細は、次のところをごらんください。

http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/61/P0006122.html

  - 監査役は監査を通じて、会社と社会に貢献できる -

| Comments (0)

« September 27, 2007 | Main | October 8, 2007 »