« January 3, 2008 | Main | January 21, 2008 »

2008.01.17

NO.267 倫理以前の問題

監査役A:日経の社説で「三菱自は贖罪を求められる」と書いていましたが、元三菱自社長らに横浜地裁は有罪判決を下しましたね。

監査役B:それでもまだ裁判は続くでしょう。

監査役A:仮に、そこでどの様な判決が出ても問題は残りますね。
「企業の犯罪」であることは明らかだとしていますので、監査役は何をしていたのか、と問われますね。

監査役B:監査役以前の問題ではないでしょうか。

監査役A:経営姿勢や経営の評価の根本が問われるべきでしょう。これは三菱自動車だけでなく、経済界全体の問題ですね。

監査役B:そう言えば、「年賀再生紙はがき」の古紙配合率が問題になって、色々調べてみると、他の製品も、他社もすべて誤魔化していたのですね。

監査役A:そのことを考えるとやはり、企業のあり方を根本的に考える必要があると思うのです。

監査役B:倫理はどうなんですか?

監査役A:今の状況では、倫理も重視されないでしょう。
福田さんが消費者重視の社会を考えると言い出していますが、やっと、政治も経済界から国民に視点を移してくれるようで嬉しいですよ。

監査役B:そう行きますかね?■


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
               昨今の「監査役情報」の内容

              < 株主代表訴訟の実例 >

株主代表訴訟の実例をアップしています。監査役として必須の情報と考えています。
       http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/61/P0006122.html

        - 監査役は監査を通じて、会社と社会に貢献できる -

| Comments (0)

« January 3, 2008 | Main | January 21, 2008 »