« April 8, 2008 | Main | April 17, 2008 »

2008.04.14

NO.280 会計基準の国際化

監査役A:4月3日に(社)日本監査役協会が「会計基準の国際化に伴う企業への影響と監査役の実務対応」を公表しましたね。

監査役B:会計基準の国際化の問題は、日経新聞でも連載していましたが、会計については、営業出身の私はよく分からないのです。

監査役A:確かに内容は専門的ですね。そこで監査役協会では、改正された会計基準の概要、経営への影響や監査役監査の着眼点について上手く取りまとめくれたのです。

監査役B:会員にとっては助かりますが、それでもかなりのページ数ですね。

監査役A:この報告書は2部構成になっていますが、1頁に要約した「ポイント解説編」に目を通して、次に監査役としての実務遂行に役立つよう取りまとめた「実務対応編」を見ればいいのでしょう。

監査役B:それでも大変そうですね。

監査役A:そこで、「監査役監査の着眼点」のみをピックアップし、チェックリスト風に作り替えました。
1.棚卸資産の評価 
2.関連当事者との取引に関する注記 
3.四半期報告制度 
4.リース取引 
5.在外子会社の会計処理 
6.引当金
7.減価償却制度の改正

監査役B:良いですね。ぜひ、コピーさせて下さい。

監査役A:良いですよ。メールいただければ添付でお送りしましょう。■

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

近頃の「監査役情報」の内容

< 監査報告書の本文解説 その5  >

他社の事例も掲載しています。
「監査役情報」の詳細はつぎのところにございます。
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/61/P0006122.html

      新任の監査役さんにお勧め頂ければ幸いです。

   - 監査役は監査を通じて、会社と社会に貢献できる -

| Comments (0)

« April 8, 2008 | Main | April 17, 2008 »