« December 25, 2008 | Main | January 1, 2009 »

2008.12.27

NO.295 マックがやらせ?


監査役A:「やらせは」は官僚のすることかと思えば、日本マクドナルドでも今月23日にあったようですね。

監査役B:大阪で初めて新商品の「クォーターパウンダー」を発売したときにマーケティング会社がアルバイトをお客として買わせていたと言う話でしょう。

監査役A:1千人近くも雇ったというからすごいですね。

監査役B:マクドナルド側は「モニター調査だった」と説明し、「やらせ」でないと否定しているようですが。

監査役A:マックの話では、マーケティング会社に「商品の品質やサービス内容のモニター調査をしたい」と依頼し、モニター調査費には、バイト代のほかにマクドナルドの商品購入代金も含まれていたようですね。

監査役B:当日、午前10時には約1千人の行列が予定通りできたようです。この店には、約1万5千人が来店し、売り上げは約1千万円。1日当たりの売り上げとしては最高記録だったとのこと。

監査役A:この日の発売の様子はテレビ局、新聞社がヘリコプターで上空から撮影するなど大きく報じられたので十分、PR効果はありましたね。

監査役B:それでも「やらせ」ではないというのでしょうか?

監査役A:いま入った情報ですが、そのまま流しましょう。

2008年12月27日(土)12時58分配信 読売新聞

マクドナルドの新商品発売、「サクラ」動員は東京でも
 日本マクドナルド(本社・東京都新宿区)が大阪市内の店舗で新商品を売り出した際、アルバイト1000人を動員し、「行き過ぎた演出」などと批判が出ていた問題で、東京都内での発売日にも、イベント会社が手配した「サクラ」に行列を作らせていたことが分かった。

 日本マクドナルドのコミュニケーション部によると、渋谷区で11月1日、新商品「クォーターパウンダー」を販売する臨時店舗を開設した際、「盛り上がりを演出するため」、イベント会社が手配したスタッフを開店前に並ばせ、商品を購入させるなどしたという。動員人数は公表できないとしている。
 客寄せのためのサクラとの批判について同部は「サクラの定義がないので何とも言えないが、消費者に誤解を与える手法は見直したい」としている。

監査役B:前の記事では「11月1日に発売された東京・表参道店などでは、モニター調査は実施しなかったという。」と書かれていますから、おかしいですね。 ところで「クォーターパウンダー」はいくらなのです?

監査役A:約113グラムの牛肉をはさんだものが、税込み価格で360円
二枚入ったものが490円ですね。

監査役B:100円バーガーはどうなったのでしょうか?
これも「オトリ」と言われそうですね。

     - 監査役は監査を通じて、会社と社会に貢献できる -

| Comments (0)

« December 25, 2008 | Main | January 1, 2009 »