« February 2, 2009 | Main | February 11, 2009 »

2009.02.10

NO.6 会長の責任


新任幹部:また、脱税疑惑ですね。架空経費を計上するなどして法人税を約二億九千二百万円も免れたようですね。

先輩幹部:見つからないと思ったのでしょうね。実際は、会社社長、難波英雄容疑者他4人が逮捕されていますね。その他、関連会社の社長も同容疑で逮捕されています。

新任幹部:彼等も入れると隠した所得は総額で三十億円に上るとみられていますね。両社はキヤノンの関連工事に絡むようですね。

先輩幹部:キヤノンがデジタルカメラやプリンター関連部品の工場を大分市内に建設した工事の関連のようですね。

新任幹部:受注した鹿島は、少し前には計六億円の所得隠しを東京国税局に指摘され、制裁課税を受けていますね。

先輩幹部:建設業は懲りないですね。

新任幹部:逮捕された社長はキヤノンの御手洗冨士夫会長と同郷で親交があり、ゼネコン関係者や九州の建設業者の間ではキヤノンの工事受注に影響力があるらしいですね。

先輩幹部:その関連ですが、日本経団連の御手洗冨士夫会長(キヤノン会長)は9日の記者会見で、今回の大手ゼネコン鹿島をめぐる疑惑について「私のあずかり知らないところで行われたことで全く知らない」と述べて、自分とは無関係と強調していました。

先輩監査役:一寸、失礼。いいですか?

先輩幹部:あー、監査役さん、どうぞ。キヤノン会長は「キヤノンや私の関与は全くなかったことが再確認されている」と話していますが・・・。

先輩監査役:その点ですが、株式会社神戸製鋼所の総会屋への利益供与事件の絡む株主代表訴訟裁判で、同じような発言がありました。

新任幹部:裁判はそうなったのですか?

先輩監査役:裁判は和解だったのですが、その時、裁判官は次のように所見を述べたのです。
「神戸製鋼所のような大企業の場合、職務分担が進んでいるため、他の取締役や従業員全員の動静を正確に把握することは事実上不可能であるから、取締役は、商法上固く禁じられている利益供与のごとき違法行為等が社内で行われないよう内部統制システムを構築すべき法律上の義務があるというべきである。」

先輩幹部:今回の例でも言えるのでしょうか?

先輩監査役:それについての情報は、まだ得ていませんが、「私のあずかり知らないところで行われたことで全く知らない」と言えるかどうか等、難しいところですが。

先輩幹部:経営幹部としても注意したいですね。■

- 監査役は監査を通じて、会社と社会に貢献できる-

| Comments (0)

« February 2, 2009 | Main | February 11, 2009 »