« July 2, 2009 | Main | July 20, 2009 »

2009.07.03

NO.20 内部統制報告書


監査役A:株主総会が終わるとすぐに、有価証券報告書の提出ですね。今年は 2009年3月期から始まった内部統制報告制度で内部統制報告書を添えないといけないですね。

監査役B:3月期決算企業の各地の財務局への提出期限は6月末でしたから。
しかし、これが株主総会の後になることは、問題だとの声もありますが、結果が気になるところですね。

監査役A:昨日(7/2)の日経にありましたね。記事によると経営者自ら「重要な欠陥」があると開示した上場企業が一昨日(7/1)までに56社、開示された2%にあったようです。先に導入した米国の初年度は、16%の企業が「欠陥がある」と記載したことを考えると少なかったですね。

監査役B:各社の内容は、金融庁の電子開示システム「EDINET」で見られます。 http://info.edinet-fsa.go.jp/ 

監査役A:監査法人のトーマツも独自の調査結果を次のように発表していました。上場企業を対象にアンケートに回答した企業の21%で不正が発生していたとのこと。その不正行為の内容は、「現金や在庫の横領・窃盗などが69%と最も多く、売上高の架空計上などの不正な財務報告が、22%」
この内部統制報告制度への対応が、不正の防止や発見に一定の効果があると答えた企業は70%に上った、とのことです。
 また、「重要な欠陥」がどうして分かった、と言うことですが、日経では、「多いのは会計監査人による会計処理の誤りの指摘」「不適切な取引や従業員による不正発覚」。今年3月末時点で「重要な欠陥」と記載していても、現時点では問題点を改善している企業は多いようです。

監査役B:内部統制報告制度によって、正確な財務報告をする体制が整い、不正の防止や発見に一定の効果があるようだからがんばって推進していきましょう。■

<参考>出典:日経新聞
内部統制報告書において2009年3月期末の時点で「重要な欠陥」があるなどと報告した企業は以下の通り。(社名は日経略称、証券コード順に記載)
 ジェイオHD、Br.HD、東邦GA、西松建、Hヴェラス、滝沢ハム、バルクHD、インスパイアー、ホッコク、ソリトン、KFEジャ、ブックオフ、21LADY、USシステム、紀州紙、セ硝子、戸田工、細火工、OPENIF、ダイオーズ、デジアド、BワンHD、COTA、日本興業、A&AM、ヤマシナ、ダイキン、加藤製、リバーエレ、岩崎通、エプソン、フォスター、オメガプロ、日本アンテナ、日ケミコン、市光工、アールビバン、大水、幻冬舎、平賀、アーク、浜丸魚、ミツウロコ、遠州トラック、フォーバルR(旧フリード)、広ガス、葵プロ、ウィルソンW、東京美装、ビジ太田昭、御園座、カラカミ観光、バーテックス、トラベラー、シャルレ、サハダイヤ ■

<参考> 広島ガス内部統制報告書 
                         【提出日】 平成21年6月25日
            【代表者の役職氏名】 代表取締役社長執行役員  深山 英樹

1 【財務報告に係る内部統制の基本的枠組みに関する事項】<略>
2 【評価の範囲、基準日及び評価手続に関する事項】<略>
3 【評価結果に関する事項】
下記に記載した財務報告に係る内部統制の不備は、財務報告に重要な影響を及ぼしており、重要な欠陥に該当するものと判断した。したがって、平成21年3月31日現在の当社の財務報告に係る内部統制は、有効でないと判断した。
                      記
(1)不備の内容
 有価証券報告書「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 追加情報」において詳細に記載しているとおり、連結子会社である広島ガス開発株式会社及び広島ガスリビング株式会社において、循環取引による実体を伴わない不適切な取引が平成11年度から当期まで行われていたことが判明し、当年度及び過年度の連結財務諸表の売上高、売上原価等に重要な修正を行うこととなった。
 これは、当社のグループ各社に対するモニタリング機能が不足していたこと、及び上記2社において管理者のリスク管理意識が不足していたことにより取引の実在性の確認手続に不備があったこと、加えて広島ガス開発株式会社においては、取引開始から債権管理に至るまでの職務分掌が不十分であり、また、業務処理管理部門から営業部門に対するモニタリングが不十分であったことを原因とするものである。

(2)事業年度末日までに是正されなかった理由
 不適切な取引の発覚が期末日直前であったこと、不適切な取引が長期にわたって行われていたため、その取引実態の把握、原因の追究に相当の時間を要したことにより、事業年度末日までに是正を完了することができなかった。
 当社は、統制環境の改善、リスク管理意識の向上、経営管理体制の強化を3つの柱として、内部統制システムの一層の強化に向けた取り組みを進めていく計画であり、平成21年5月に新たに設置した内部統制推進部を中心に取り組みに着手している。

 〔主要な取り組み内容〕
 ①統制環境の改善
  ・リスク管理意識のさらなる醸成
  ・取締役会の監督機能強化
  ・グループ経営陣によるモニタリング機能の強化
 ②リスク管理意識の向上
  ・役職員に対するリスク管理教育・コンプライアンス教育の継続、強化
  ・定期的なリスク管理調査およびコンプライアンス意識調査
  ・広島ガスグループ社員行動指針の再徹底
 ③経営管理体制の強化
  ・内部統制推進部門の設置 ・グループ内部監査の強化 
・グループ業務の監督活動の機能強化

4 【付記事項】該当する事項はない。  
5 【特記事項】該当する事項はない。■

- 監査役や内部監査は監査を通じて、会社と社会に貢献できる-

| Comments (0)

« July 2, 2009 | Main | July 20, 2009 »